2010年06月10日

式場近くのホテル

昨年12月に挙式した式場、スカイホールさんのある浜松町にあるホテル。
優待券で結構いい部屋に泊まれるらしく明日予約してみたるんるん

おまけに嫁さんがディズニーシーに行きたいと『騒いで』たので、
ついでに明日は有給休暇をもらってディズニーにも行く事にした。

何年ぶりだろ。
子供が出来たら行くかも知れないとは思ったけど、その前にまた行く事になるとはわーい(嬉しい顔)


ちなみに、うちの会社の今の部署は結構有給休暇とることについて理解がある。
今の直属上司は『休んでもやることないし...』とか言ってしまうタイプだけど、
部下が有休をとってもネチネチくだらない事を言うタイプではない。

有給休暇なんか取ってる暇があれば、
 『会社で仕事しながら自分を磨くぴかぴか(新しい)!』
という心意気を持ち、本心から休みを取らないという人はありだと思う。
それだったら、しっかり考えてると思うし納得して尊敬も出来る。

でも、そんな風に考えている人はどれくらいいるんだろうか。

『みんな休まないし自分だけ休むわけには行かない。』
『なんか気が引けるし、悪い気がする。』
と考える人もいるでしょう。

『有休取るなんて怠けている』
と思う人もいるかもしれない。


本当に有休を取ることがで『悪い』事で『怠けている』んでしょうか。

偉そうな事は言えませんが、そういった考えを持っている人が可哀想に思えてきます。

結局は、本当に自分で考えなきゃいけないこと、
 『人生において自分はどう振舞って行くのか』
 『自分にはどういう事が出来て何をしてる時に幸せを感じるのか』
 『自分にとって本当に大事なものは何なのか』
といった、あらためて聞かれると答えるのに戸惑うような、
本気で考えるのが面倒くさく、正面から受け止めるのが難しい
質問から逃げているだけなのではないでしょうか。


また、純粋に『休んでいる暇なんてない。』
って思っている人もいるかもしれない。

すばらしいですねー。
一年を通じて、いつもそんなに忙しいような景気の良い会社に勤めているんでしょうね。


でも、会社側からして見れば、休もうが休まなかろうが、
 『やることやって会社に貢献してくれればいい』
と思うでしょうし、

もしかしたら、

『こいつは休みも取れないほどタイムマネジメントが出来ないのか!』
とさえ思われているかもしれません。


ちなみに、国際会計基準の見直しとそのコンバージェンスという話があり、
 『未使用の有給休暇は会社の負債として認識するべき』
という話があります。(まだ不確かな部分はありますが。)


そうなってくると、


『休まないで一生懸命やりました!!!』


って言っている人ほど、冷静に考えると会社にとって迷惑な人だったと言う事もあるかもたらーっ(汗)

そんな感じで自分の都合の良い様に話をしてきましたが、
明日休みを取ることについて正当化してみました........爆弾


にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚式・披露宴へ blogram投票ボタン
にほんブログ村 blogramランキング参加中!

posted by 結婚式準備に奔走した男 at 23:55| Comment(0) | 結婚式・披露宴のその後 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。