2010年02月13日

旅行のパンフ

新婚旅行で使ったJTBさんから時々パンフレットが送られてくる。

パンフ_01.jpg

嫁さんが見てたら、僕らが行ったクルーズが載ってたと言って見せてきた。

コスタ・フォーチュナというクルーズ船でエーゲ海を回る旅船
4年連続クルーズツアーで人気NO1らしい。

パンフ_02.jpg

僕らが行ったのは11月初め。
その後、何回かはツアーも出てたみたいだけど、この海域はシーズンオフに入るらしく、
今の時期は多分催行されていないと思う。
今回のパンフでも4月が一番早い出発日になってる。

見てるとまた行きたくなる。
ベニスから出航してイタリア南部のバーリ。
ギリシアのカタコロン、サントリーニ島、ミコノス島、ロードス島と回って、
クロアチアのドブロブニクに寄ってくる。
最後はベニスへ戻ってきて終わり。
確かに良かったなぁ......

ただ、既に11月でもシーズンオフって言っていいくらい、
期待してたものが時期的に見れなかったのは残念だったな。
ミコノスの夕景もベニスの出航シーンも僕等が行った時は、既に真っ暗だったわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

お金も時間も無いんで行けないけど、
『海外旅行行っておくなら子供生まれる前だよ』とも言われるし。
今年、近場でもいいからどこか行ってこようかな。

嫁さんは付き合ってくれるだろうか。。。

にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚式・披露宴へ blogram投票ボタン
にほんブログ村 blogramランキング参加中!
posted by 結婚式準備に奔走した男 at 17:40| Comment(0) | 新婚旅行の検討 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月11日

新婚旅行2

前回のブログで少し書いた続き。

今回の新婚旅行、地中海クルーズで楽しみにしていた観光スポットは4つ。

‐ベニスの出港シーン
‐サントリーニ島のイア村からの景色
‐ミコノス島の夕景
‐クロアチア、ドブロブニクの船からの景色

でも結局まともに見れたのはサントリーニだけだった。

↓ イアの景色
oia_01.jpg


天気がすぐれなかったせいもある。

クロアチアのドブロブニクなんかは海さえ荒れていなければ見ることができた。

でも大半は自分の準備ミスというか検討不足だったなと反省すべき点かも。
まず11月のこの時期、ベニスの日の入りは17時少し過ぎ位。
出向は18時なんだから、日没時間をチェックしておけば無理かなと気づけたと思う。
ミコノスも同じ。

結局JTBの担当者と話している時は、
パンフレットなどに載っている一番良いものだけ見て、よく考えることをしなかった。
(確か担当者は、ベニスはこの時期でもきれいに見えるといってたけどたらーっ(汗)

そう言えばこっちは担当者も話していたけど、11月から4月頃まではこの海域はシーズンオフで、
海が荒れるから船もカリブ海の方へ行ってしまうらしい。
でも11月の始めなら『まだ大丈夫だと思う』と言っていた。

それをそのまま信じたのがマズかった....爆弾
少しは荒れたりするのかなと思ってたけど、少しどころか穏やかだったのは一日だけ。
10万トンを超える巨大な船がきしんで音を立てていた日もあり、
船に乗り込んでいる日本人乗務員もこんなに荒れるのは珍しいと言っていた。

結局ドブロブニクは海が荒れていて別の港から上陸することになってしまった。

自分達のような一般人にとってはものすごく高い出費をしているのに、
しかも新婚旅行だったというのに、もう少し慎重に考慮できなかった点は反省材料だな。

旅行自体は前回も書いた通り、8割方満足しているけど、
いい経験だと思って、今回の反省材料やいろいろ感じた事を今後に活かせるようにしよう。


にほんブログ村・blogramに参加しています。
もしよければクリックをお願いします。


にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚式・披露宴へ blogram投票ボタン
にほんブログ村 blogramランキング参加中!
posted by 結婚式準備に奔走した男 at 21:56| Comment(0) | 新婚旅行の検討 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月08日

新婚旅行

今日は新婚旅行8日目。
航海最終日にして、初めてノートパソコンを開いた。

balcony_01.jpg

インターネットは1時間1,400円で使えるけど、他にやりたいことも目白押しで、すっかりさぼってた。
(それと時差ボケで夜9時半以降になるともの凄い眠気がさして起きていられなかったと言う事もある。)

あっという間の8日間だったな。

明日の朝にはベニスに入港して下船。
その後、夕方の飛行機に乗りパリ経由で成田へ帰る。
すごくさびしい気持がしている。


何度も扉を開けて利用したキャビン(船室)は自分の部屋のように感じる。

↓ 荷造り途中の部屋。
myroom_01.jpg


それから今回の旅の初めのころは少し敬遠していた同じツアーの参加客達。
1割が同じ年代で残りは定年退職組のようだ。


初めは戸惑いも感じてたけど、最後に振り返ってみるとみんなと一緒で良かったなと思うところもある。
成田で解散したら二度と会う事もないんだろうけど、それも少し寂しいと感じられる位になった。

こういうのも船旅の効果なのかな船

結局、特に楽しみにしてた観光スポット4つのうち、ちゃんと見学できたのは1つだけバッド(下向き矢印)
でも、悔しい気持はあるけど8割方は満足してる。

それにいろいろな意味で示唆に富む旅行だった。

日本人の厭らしさ、金持ちのプライド、船で働く人達(フィリピン人が8割、数か月休みなしで働く)、英語、などなど
まとめようと思うと何時間かかるかわからない。
でも今回の旅行については、忘れないうちに何かの形で記録に残しておこう。

二人でこの旅に来れて良かった。
これからもいろんな所に機会をみつけて旅をしよう。。。

にほんブログ村・blogramに参加しています。
もしよければクリックをお願いします。


にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚式・披露宴へ blogram投票ボタン
にほんブログ村 blogramランキング参加中!
posted by 結婚式準備に奔走した男 at 00:00| Comment(0) | 新婚旅行の検討 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。